Yy ブログ

見たもの聞いたもの思ったもののメモ

URI, URL, URN ???  それぞれの意味や違いを分かりやすく解説

 

URI :  Uniform  Resource  Identifier

URL:  Uniform Resource  Locator

URN:  Uniform Resource  Name

 

 

これだけじゃあよく分からないですよねー

 

でもこれらの関係はとてもシンプルなので、一度理解すると、もう忘れないでしょう

 

 

https://danielmiessler.com/images/URI-vs.-URL-e1464829000786.png

 

この画像からみてわかるように

URL     ⊃   URL, URN 

という認識でいいと思います。

 

 

[:contents]

 

 

 

 

URL ( Uniform Resource Locator) とは

 

URLは一番馴染み深い用語だと思います。

 

https から始まるこれのことです⇩

       https://www.yoji0806.com/

 

 

※ http についてはこちらを参照してください⇩

www.yoji0806.com

 

 

URL は、よく個人の住所に例えられます。

 

webページ1つ1つに住所がついているので、ブラウザに URL を入力するとそのページに飛んでくれます。

(実際はそのページのデータを送ってもらっている。)

 

URL は プロトコル と ドメイン から成り立っています。

 

 

        https:// (プロトコル)

         www.yoji0806.com/ (ドメイン)

 

 

2つと同じ住所が存在しないように、ドメイン名も同じものは存在しません。

 

住所と違う点は、ドメイン名はあらかじめ定まっているのではなく、早いもの勝ちで自由に決められます。

 

 

独自ドメインを所有しておくのには費用が掛かりますが、安いのであれば、1年間 数百円程度で使用できます。

 

 

 

URN とは

 

 URL がweb上で個人の住所の役割をもっているのに対し、

URN は個人の名前の役割をもちます。

 

URL ほど馴染みはないですが、ネット上のすべてのファイルにはURNがそれぞれ割り振られています。

 

 

URL, URN を現実世界で例えると、

 

兵庫県 神戸市 灘区 (URL)の

山田 太郎さん (URI) 

 

のようなものです。

 

また別の例でいうと、

全ての本の裏表紙についているISBN (世界共通の本の識別番号) のようなものです。

 

URL が 「どこにあるのか (Where)」 を示すのに対し、

URNは 「なにがあるのか (What)」 を示します。

 

 

住所の例からもわかるように、URN と URL は相互補完的な関係にあります。

 

 

URI とは

 

最後にURI の説明ですが、

 

最初に書いたように、

URI とは URL, URNのどちらか または 両方 を指します。

 

Uniform  Resource  Identifier, 

identify は「~を識別する」 という意味なので、

 

URI は web上の何かを識別するもの、

 

すなわち、URL や URN ということです。